録画用PCやデータ保存用HDDは不要!NVRがあれば映像の保存が簡単

防犯カメラを導入には何かと悩みは多いものです。PCとカメラ付属のソフトに録画を頼ると「どんなPCが必要なのか?」 「データ保存用のハードディスクはどんなものにしようか?」システム構築を考えるだけでいろいろ面倒です。


NVRを導入すればシンプルで簡単。結局、コストダウンにも繋がります。

面倒なインストールは不要!NVRがあれば現場のシステムもスッキリ簡単

防犯カメラの設置には、現地にPCを設置し外付けのHDDを用意したり、カメラごとに録画用のソフトをインストールしたりとなにかと面倒です。


NVRを導入すればNSV6シリーズの1台の使い方をおぼえるだけで解決!

国内外の多くのネットワークカメラに対応!一画面でモニタリング可能

PCとカメラに付属しているソフトに録画を行っているときは、メーカーの異なるカメラが混在していると、複数の画面を一画面表示することはできませんでした。しかし、NVRを導入すればカメラメーカーが混在していても、すっきり一画面表示!既存のシステムにも導入でき、カメラの選択肢も広がります。

カメラ毎のポート開放は不要!NVRで一括管理

これまでの環境では設置するカメラの分だけホートを開放しなければなりませんでした。
また、設定が完了した後でも、カメラの接続状況を確認する場合は、それぞれカメラのソフトを起動して確認しなければなりませんでした。


NSVシリーズを導入したら、開放するポートはNVRの分だけでOK! カメラの管理も一括でできますからシンプルで簡単です! これなら、カメラの台数が多くても全く問題ありません。

2、4、8、16ch、4種類のラインアップ!

今のところ設置してあるカメラは2台、けれども今後増設するかもしれません…こんな時、設置環境を考える場合思案のしどころです。


NVRなら、ライセンスを購入したら4chにできます。 これなら無駄が無くて、おすすめです。

もしもの時のHDDバックアップも安心!RAID対応でトラブル時も安心!

NSV6シリーズは、RAIDに対応しています。 RAIDというのは、ハードディスクの故障によるデータ損失を防いだりハードディスクの処理性能を向上させるための技術ですが、 もしRAIDに対応していないNVRだったら、ハードディスクにトラブルが起こった時、データの復旧は困難です。 NSV6シリーズなら、機種によって違いますが、RAID0、RAID1、RAID5、RAID10に対応していますから、それぞれの特長から、環境に最適なRAIDを選択する事ができます。