MPEG4の圧縮形式

画像の圧縮形式はMPEG4を採用していますので録画時間が、従来の圧縮形式JPEG2000に比べ約2倍、Wavelet形式、M-JPEG形式に比べ、約3倍に延びます。

つまり、従来の圧縮形式で750GB分(JPEG2000方式の場合500GB分)の映像が250GBのハードディスクで保存可能になります。 目安としては、カメラ4台を秒間7コマでモーションセンサーを使わずに画質ベストで撮って約1ヶ月撮り続けることが出来ます。 これにより、より高画質な映像、滑らかな映像を残せるようになります。 デジタルレコーダーにおいて現在最新式の圧縮形式なので、取り扱っているメーカーも一部の大手企業に限られる上に、通常かなりの高額製品になります。録画機器がタイムラプスビデオからデジタルレコーダーへと進化したように、さらなる進化を遂げた機器だと言えます。